かがやきニュース

増加している帯状疱疹、より確実に予防

年々高齢化が進み、帯状疱疹の発症率も増加しています。そして厄介なことに治癒してもそのあとに焼けるような痛みが残る帯状疱疹後疼痛(PHN)が、50歳以上の発症者で5人に1人はいるという報告があります。宮崎県の追跡調査結果でも人口が減っているに関わらず帯状疱疹発症数が増えています。

特に乳幼児における水痘ワクチンの定期接種が開始されたことで、子供たちが水痘に罹ることが減りました。その結果、既に罹患している大人たちも、新ためてウイルスに曝露される機会が減りました。発症を抑えている免疫が鍛えられにくくなり、高齢化、ストレスなど免疫が弱まるタイミングでの帯状疱疹の発症につながりやすくなったと考えられます。

「50歳以上に水痘ワクチンで帯状疱疹予防」2016年5月12日かがやきニュースでお知らせした水痘生ワクチン以上の効果が期待できる遺伝子組み換えサブユニットワクチンについて紹介します。

ウイルス糖タンパクgEとアジュバンドASO1Bとから構成されるサブユニットワクチンです。より強い液性免疫、細胞性免疫誘導能を持っています。

2つの大規模国際共同試験における日本人での発症予防効果は、50歳以上で81.4%、さらに70歳以上では92.4%とかなり高い結果が得られています。

ただし2回接種(2か月以上あけて6か月以内)が必要になります。また一過性ではあるものの、局所の疼痛89.2%、筋肉痛58.6%と副反応は生ワクチンよりは多い傾向があります。米国疾病管理予防センター(CDC)は帯状疱疹の予防ワクチンとしてこのサブユニットワクチンを推奨しています。 

2021年12月6日

かがやきニュース一覧を見る

初診・事前受付はこちら
予防接種
健康診断
かがやきニュース
フォトギャラリー
院長インタビュー
ドクターズファイル
かがやきニュース(動画)

かがやきクリニック川口(内科・西川口駅徒歩5分)

「アクセス」を見る

〒332-0034 埼玉県川口市並木3-17-27 エムエスビル101

  • 京浜東北線西川口駅東口より蕨方面へ徒歩5分
  • 提携駐車場あり

048-299-9096

診療時間

午前:9:00〜13:00
午後:15:00〜 19:00

土曜 午前9:00〜15:00

  • 皮膚科は月曜日・木曜日の午後
  • 物忘れサポート外来は月曜日・木曜日の午前、金曜日の午後

休診日

水曜日・祝祭日