かがやきニュース

早起き花粉症対策、正しく点鼻薬を

花粉が連日飛んでいる季節となりました。花粉症の薬飲んでいるけど、もう一つ効果が?そう感じている方はおられませんか。飲み方の工夫も必要です。前回のニュース「花粉症、初期療法が辛さの分かれ目になる」で花粉シーズンに入る前からの対策は触れましたが、既にピークのこの時期でも対策があります。

朝の通勤・通学時に鼻汁などを起こす原因であるヒスタミンの反応をブロックしましょう。それは、起きたらすぐに効果が速く効く薬を飲むことです。

早起きは三文の徳

これらの薬剤は空腹時の方が、食後よりもより効果が期待できます。また眠気も起こりにくいので、仕事への影響も気にしないですみます。 アレグラを飲まれる方は、帰宅前の夕方(空腹時)にやはり飲むことで、帰宅途中のアレルギー反応を鎮めましょう。

内服薬で鼻症状が治まらない人は、点鼻薬を上手に使いましょう。1日1回の使用で効果が期待できる鼻噴霧用ステロイド薬が有効です。血液中への移行もわずかで、セレスタミン(ステロイド入りの内服薬)と違い、長期に使用しても安心です。

鼻噴霧用ステロイド薬

各点鼻薬にも特徴があります。ご自身に合ったものを選択すると良いでしょう。
辛いと思い出して、点鼻薬を手に取る方も多いと思います。そこで使い方にも気をつけましょう。せっかく使っても、鼻汁と一緒に垂れてでたり、鼻づまりで鼻の奥まで浸透していなかったり。

鼻噴霧用ステロイドの有効な使い方

「鼻をかんでから」「左右交互」「噴霧後、鼻から息を吸って口から吐く」、これらのポイントを守りましょう。それでも治まらない人は、噴霧回数を増やしても、良くなりません。治療戦略を変えましょう。クリニックにてご相談ください。

2017年3月6日

かがやきニュース一覧を見る

初診・事前受付はこちら
予防接種
健康診断
かがやきニュース
フォトギャラリー
院長インタビュー
ドクターズファイル
かがやきニュース(動画)

かがやきクリニック川口(内科・西川口駅徒歩5分)

「アクセス」を見る

〒332-0034 埼玉県川口市並木3-17-27 エムエスビル101

  • 京浜東北線西川口駅東口より蕨方面へ徒歩5分
  • 提携駐車場あり

048-299-9096

診療時間

午前:9:00〜13:00
午後:15:00〜 19:00

土曜 午前9:00〜15:00

  • 皮膚科は月曜日・木曜日の午後
  • 物忘れサポート外来は月曜日・木曜日の午前、金曜日の午後

休診日

水曜日・祝祭日