冷静に新型コロナウイルス肺炎に気づく

新型コロナウイルス感染症、日本においても緊急事態宣言が出される事態となっています。「昨日から熱がでて心配」「会社から病院へ行くように言われた」とPCR検査を希望されて来院される患者さんが日々おられます。昨今のニュースを毎日観ていると「肺炎」「重症」という見出しに追い込まれていくのも無理はありません。しかし、PCR検査は一般医療機関ではできません。 またこの検査のみで100%確定されるものでもありません。まずはこのウイルスに感染したら、どのような症状がでるかをみていきましょう。

中国の報告でもわかるように「発熱」「咳」がまずあげられます。そして自衛隊中央病院のダイヤモンドプリンセス号乗客らPCR陽性の無症状者や軽症者が多かった報告をみると、「発熱」「咳」「咽頭痛」「鼻汁」とまさしく通常の風邪の症状です。すなわち初期の症状から、普通の風邪と新型コロナウイルス感染を鑑別することは不可能です。通常ならば病院には行かなかった軽症者の人たちも拾い出している後者の報告の方が、より市中の感染者の状態を反映していると言えるでしょう。

ただし発症した多くの人は軽快し、肺炎になる方は20%未満です。治療法が確立されていない現時点では冷静に自宅療養して、体の免疫力を落とさないことが何より重要になります。

次に一般的な風邪よりも症状が重いインフルエンザの場合の経過をみてみましょう。

グラフからも判るように症状がでて、4日目には「易疲労感(だるさ)」も軽快に向かっていきます。通常の風邪もほぼ同様に現れている症状は良くなっていくことが一般的です。

そのため、4日以上続く発熱を伴う易疲労感や息切れなどの症状を感じた時には、「県民サポートセンター Tel:0570-783-770」に相談しましょう。安静にしての呼吸数なども参考になります。1分間の呼吸数が24回以上の場合は、強く肺炎を疑いますし、新型コロナウイルス肺炎が発症して悪化する場合には進行が速いことも考慮すると、20回以上の場合にも注意して早めの対応も考える必要があります。

肺炎を疑うときには医療機関において胸部X線やCT検査も行いますが、クリニックでは胸部CT検査はできません。PCR検査以外に参考になるのはリンパ球の減少になります。ただし、画像検査もリンパ球数も新型コロナウイルス以外の疾患でも同様の結果になるものがあるため、総合的な判断が求められます。

令和2年4月27日

かがやきニュース一覧を見る

 

かがやきクリニック川口

〒332-0034
埼玉県川口市並木3-17-27
エムエスビル101
電話:048-299-9095
フリーダイヤル:0120-900-607
Fax:048-299-9096

詳しい地図を見る

診療時間

午前 9:00〜13:00
午後 15:00〜 19:00
(※)土曜 午前9:00〜15:00
皮膚科は月曜日・木曜日の午後
物忘れサポート外来は月曜日・木曜日の午前、金曜日の午後
金曜日午前:女性医師による診察が受けられます。

休診日

水・祝祭日